小顔ローラー 特徴 使い方

小顔ローラーの特徴

小顔ブームなので小顔ローラーくらいは持っていると思います。

 

 

もともとはエステティシャンのようなタッピングが自宅でもできることで爆発的な人気となりました。

 

 

 

タッピング効果としては顔に溜まった水分、老廃物などのリンパの流れをよくすることです。

 

 

 

それを小顔ローラーを使って顔を転がすことで同様な効果を得ることができるのが特徴です。

 

 

 

顔には表情筋がありたくさんの筋肉が密集し、複雑な構造をしています。

 

 

それだけたくさんの神経も集まっていると言うことです。

 

 

 

なので、フェイスマッサージをするととても気持ちがいいのですね。

 

 

 

小顔ローラーを使って顔に溜まっている老廃物を取り除きながら、マッサージ効果によってストレス解消もできる優れものです。

 

 

 

手を少し動かすだけでコロコロとローラーが回るので力も要らないので疲れません。

 

 

 

簡単にできる美容グッズ、小顔グッズのひとつです。

小顔ローラーの使い方

小顔ローラーの使い方はとても簡単です。特に使用説明書がなくても使えるほど簡単です。

 

 

ローラーを顔に当てて持っている手を動かすだけでよいのですから。とても簡単に美容効果を得ることができます。

 

 

 

もともとは棒タイプのものが主流でしたが、その後の改善によってY字型、丸型などいろいろなタイプのものが発売されています。

 

 

 

どのタイプがいいのかは使う人によって違いますが、今は棒状よりも使用範囲の広いY字型の方が人気があります。

 

 

 

 

プラチナゲルマローラー とか、 プラチナ電子ローラー ReFa などが人気のある小顔ローラーですね。

 

 

 

タッピング感がいいという方はプラチナゲルマローラーのような棒タイプがオススメですし、つまむ感がいいという方はプラチナ電子ローラー ReFaがいいでしょう。

 

 

 

おでこや、頬のたるみ解消などの平面にはプラチナゲルマローラーのほうが当たりがよいので効果的です。

 

 

フェイスラインのたるみ解消、首のシワ改善にはつまむようにマッサージしてくれるプラチナ電子ローラー ReFaのほうがいいですね。

 

 

 

 

どちらがいいということよりはどの部分に対して効果を出したいか?と言うことを考えて商品選びをすることが大切です。

より小顔効果を上げるために

小顔ローラーだけを使って小顔対策するのもいいのですが、より小顔効果を上げるために必要なことは顔のに付いた余分なお肉を解消することに他なりません。

 

 

 

顔の脂肪が増えればたるみの原因にもなります。フェイスラインもはっきりしないでぼやけてしまいます。

 

 

 

これではいくら小顔ローラーでコロコロしてもなかなか老廃物を流すことができません。

 

 

 

なので、より小顔効果を上げるためには多少なりとも体重を減らすことがいいかと思います。

 

 

 

もちろん一番いいのは運動することです。ランニングのように走ることは全身運動になりとてもよいことです。

 

 

 

顔からも汗が出るので、毛穴に溜まっている古い皮脂も吐き出してくれます。それでいて顔の贅肉も減ってくれればダブル効果ですよね。

 

 

そして、お風呂上りや寝る前に小顔ローラーでフェイスケアをすればより効果的なことは理解できると思います。

 

 

 

ちょっと大変そう、難しそう。。。。と、思われるかもしれませんが、その壁を乗り越えてこそ手に入れられるものがあるはずです。

 

 

 

がんばってみましょう。。

 

 

小顔ローラーの特徴と使い方関連ページ

小顔ローラーでほうれい線を目立たなくする
ほうれい線が目立つと印象が悪くなります。老けて見えることが一番多いですね。つまりほうれい線が無ければ見た目印象はとてもよくなるはずです。